oncurating.org

ボトックス

ボトックスとは聞いたことがある人も多いと思いますが美容のために行われているしわを取るための施術のことを言います。ボトックス注入とかボトックス注射といった言葉でつかわれているのを聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。ボトックスを注入することでしわがとれるということもあってアンチエイジング、若返り、老化防止を兼ねて美容外科などで施術を受ける女性は多いといわれています。ではこのボトックス、もともとはどのようなものだったのでしょうか。ボトックスとは、もともとは治療で使うための麻痺させる薬として知られていました。神経麻痺剤と言って病院などで治療を行う場合に利用されます。そのボトックスが最初に美容に利用しようと考えられたのがアメリカでした。アメリカで眉間にできてしまったしわを取る、取り除く治療にボトックスが使えるということになり、アメリカの米国食品医薬品局から認可されて今に至っています。ボトックスの元となっている成分はボツリヌス菌です。聞いたことがある人も多いと思いますが、ボツリヌス菌を聞くのは食中毒の時だと思っている人も多いと思います。確かにボツリヌス菌は食中毒のブドウ球菌と同じくらい原因になっている成分です。

 

ボトックスのボツリヌス菌には、顔の表情筋を動かす顔面の神経をストップさせる、つまり麻痺させてしまう働きがあります。表情筋というのは、普段は顔の表情を作るのにとても大切な働きをしている筋肉なのですが、顔の筋肉の動かし過ぎはしわの元になるといわれていますから眉間を良く動かしている人はそれだけしわが出来やすいことになります。そこでボツリヌス菌を使って表情筋を麻痺させてしまえば、顔の筋肉が動かなくなるわけですからそのことによってしわが出来にくくなる、できてしまった皺を消すことができるというわけです。ボツリヌス菌と聞くと菌ですからとても怖いイメージを持っているという人もいるかもしれませんが、それほど怖いものでもなく、体に入っても安全な生理食塩水で薄められていますし、注射するときも、体に害がない程度の量の300分の一の量ですから安心です。一か所だけにボトックス注射をするという人もいますし、数か所に注射をしてしわをとっている人もいます。しわがなくなり手軽にアンチエイジング、若返り効果が期待できますから、欧米はもちろんのこと、日本でも人気がある美容法の一つとして知られています。

ボトックスの副作用

ボトックスには副作用があるといわれていますがどのような副作用なのが紹介したいと思います。ボトックスの成分はボツリヌス菌ですがボツリヌス菌というのはもともと食中毒を引き起こすことで有名です。ボツリヌス菌=ボトックスではないので、注射したからと言って食中毒になったり、何かに感染してしまうという副作用はあります。ボツリヌス菌を使った美容方法ではありますがボトックスは、かなり少ない量で施術されますから感染や食中毒の副作用はあります。もともとボトックスというのはまぶたのけいれんなどの治療薬としてつかわれていたのですが、美容にも最近は利用されています。ボトックス注射をうった直径1センチくらいが麻痺することになりますから他の部分やそれ以上の広範囲にわたって顔がマヒしてしまうなどといった副作用もありません。顔面を麻痺させるというと顔面そのものがマヒしてしまって副作用が出ると怖いと思っている人もいるかもしれませんがそうではありませんので安心できると思います。しかしボトックス注射は量や場所を間違えてしまうと副作用も出かねませんし、不自然な表情になってしまうという場合もありますからよく注意したうえで施術しなければいけないことには変わりはありません。

 

ボトックスの副作用として副反応といった方がいいかもしれませんが治療を受けた後に刺した部分に注射のハリの跡が残る人も中にはいますが、2−3日で解消しますし、化粧をすればわからなくなるくらいのものです。ボトックス注射をした後に、その部分が内出血するという副作用が出る人も中にはいますが、こちらもだいたい1週間もすれば解消されます。ボトックス注射をした後に顔をマッサージしたりエステを受けるなど刺激を与えてしまうと、ボトックスの菌がしわを取りたかった部分と別の部分にまで行きわたってしまい、自分がイメージしていた結果にならない副作用がありますから、ボトックスを受けてから2日はマッサージしないようにする必要があります。ボトックスの副作用は必ずしも誰もが出るとは限りません。副作用が出ない人もいますし、極端に言えばアレルギー反応が出てしまってとんでもないことに一時的になってしまうという人も中にはいますからボトックスについてよく考えたうえで施術を受ける方が安心ですが、アレルギーが出た場合には薬を使って対応してもらえると思いますから心配することはありません。ボトックスの副作用は必ずあるわけではありません。

ボトックスと多汗症

ボトックス注射は美容のためにだけ利用されるのではなくて多汗症の治療としてもつかわれています。多汗症のボトックス注射の場合には手のひらの汗や足の汗、脇の下の汗をボトックス注射をすることによって抑えられる効果が期待できます。汗の分泌が多い人は汗腺の量が多いといわれていて、今色々な治療方法がありますが、手術をするには少し怖いとか抵抗があると思っている人には多汗症の治療にボトックスを利用するのがいいかもしれませんね。効果がある期間というのは、運動をしたり、緊張をして汗をかいてしまったりするような場合でも、全く汗がでなくなってしまいますから安心です。夏場の気温が高い時期にも汗をかきすぎて恥ずかしいとか、緊張すると汗が出て仕事にさし障るなど悩みを抱えている人にとってはボトックスを受けることでそのストレスから解放されることになります。汗を気にするがために今まで着たい洋服も着れなかったという人も、これからも好きな服を着ることができるようになるのではないでしょうか。ボトックスにより多汗症の治療の効果は人にもよりますが1度受けると半年から1年は効果が続くといわれています。汗の分泌を抑えるとともに、同時に臭いも取りますから、わきが治療としてもボトックス注射は利用されています。

 

半年から1年も注射すれば効果が持続するので、汗をかきやすい時期である夏前に一度ボトックスを受けておけば、その後は夏が過ぎて涼しい季節まで安心して過ごすことができます。特に緊張によって汗が出てしまうタイプの人というのは、ボトックス注射を1度すれば場合によっては治ってしまうこともあるといわれています。緊張していると汗が出ると思えば思うほどに汗は分泌されますから、ボトックスを受けることでその心配がなくなったために、汗の分泌が減って汗がでなくなるという人も多いのです。多汗症でボトックス注射をしたバイアの副作用についてですが、顔にボトックス注射をした場合には筋肉を麻痺させますから脇などに行った場合にも筋肉がまひして手を動かしにくくなると思っている人もいるかもしれませんが汗腺に直接注射しますから筋肉に注射するわけではないので、多汗症のボトックス注射の場合に筋肉がまひするということはありません。しかし個人差があり、ボトックスの薬が合わないなどで副作用が起きる人もまれにいますから異変を感じたらすぐに受けたクリニックなどに問い合わせをしてみるのがいいでしょう。